食材宅配サービスのことなら

食宅コラム 食宅コラム

有機野菜(オーガニック野菜)・無機栽培・無農薬栽培・減農薬栽培の意味(定義)と違い。本当に体にも環境にも良いものとは?

画像1

東日本大震災による放射能汚染や相次ぐ食品偽装などの問題が重なり、日本人の食の安全に対する意識は近年急速に高まっています。

とくに小さなお子様をもつ親御さんは「より安全で体にも環境にも良いものを選びたい」と思う方が増えました。

そうした中、スーパーやレストランでもよく見かけるようになった「有機野菜」「無農薬野菜」「低農薬野菜」の文字。これらの表記は農林水産省が定めた「有機JAS規格」の認定に基づき商標管理されていることをご存知でしょうか?

目次

有機栽培・無機栽培・無農薬栽培の違い

栽培方法(有機栽培・無機栽培・無農薬栽培)の違いについて端的に言ってしまえば、有機栽培、無機栽培は、農薬を使用、無農薬栽培は栽培期間中については農薬を使っていません。

画像2

「有機」「オーガニック」など、
それぞれの表記には「きまり」がある

「有機」の表示については、有機JAS規格に適合した生産が行われていることを第三者機関である「登録認定機関」が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。
このマークが貼られていない農産物と農産物加工食品に対し、「有機」「オーガニック」などの名称や、まぎらわしい表示をつけることはできません。(法律で禁止されています)
さらに「有機野菜」だけでなく、取り扱う農薬・肥料や栽培方法によって「無農薬野菜」「低農薬野菜」にも表記のきまりがあり、これらを勝手に表記して販売することはできません。

画像3

有機栽培は有機質肥料を使用した栽培方法

「有機栽培」は原則として農薬や化学肥料は使用しないことになっていますが、最大限努力しても対応が難しい場合、一部農薬の使用が認められています。
俗に、オーガニックと呼ばれているものは、この有機栽培による農産物とほぼ同様の意味です。
有機栽培は有機質肥料、つまり堆肥・油かす・骨粉・鶏フン・牛フンなどの動植物の有機物を使用し、土中の微生物に栄養を与えます。

画像4

無機栽培は単に
無機質成分の肥料を使用した栽培方法

「無機栽培」は有機栽培と比べた際の「肥料の違い」です。無機質成分からできている化学肥料を使用しています。具体的にいうと硫酸アンモニウム・過リン酸石灰・塩化カリウムなどの化学肥料と草木灰です。無機栽培は「慣行栽培」とも言えます。この慣行栽培とは日本で一般的に行われている栽培方法で、化学肥料を使用し、農薬を使い、病害虫などの防除を行う栽培方法のことです。

画像5

無農薬栽培は「特別栽培農産物」
そもそも「無農薬」の表記販売は禁止

「無農薬栽培」は先ほど栽培期間中農薬を使用しないと言いましたが、これは2007(平成19)年以前までは「栽培期間中に農薬を使用しない」ことでした。現在では「無農薬」と謳うことはできず、栽培期間中は「無農薬」、あるいは「減農薬」といった特別な栽培方法で育てられたものはすべて「特別栽培農産物」という呼び方に変更されています。
有機栽培 無機栽培 無農薬栽培
農薬 使用
※一部の農薬のみ使用
使用
※JASの定める農薬の規定内
栽培中は不使用
※栽培期間外は使用可能
2007(平成19)年以前までの定義
肥料 有機物(動植物など) 草木灰・無機質成分
(硫酸アンモニウム、過リン酸石灰、塩化カリウムなど)
の化学肥料
化学肥料の窒素成分量50%以下
特徴 農林水産省の定める有機JAS規格内の
農薬・肥料のみ使用可能
農林水産省の定める農薬・肥料の規定内 現在は「無農薬」表記不可。
「特別栽培農産物」
(節減対象農薬と化学肥料双方を節減した栽培)
に内包される。

有機野菜(オーガニック野菜)とは
JAS法(有機JAS規格)の認定を受けた野菜のこと

画像6

有機栽培でつくられた野菜、「有機野菜」とは何か?そもそも「有機」と名乗るためには農林水産省が定めた有機JAS規格の条件を満たしている必要があります。

有機野菜(オーガニック野菜)とは

有機野菜(オーガニック野菜)とは、有機JAS規格によって次の4点を満たした栽培方法で育てられた野菜です。
有機JAS規格指定の4ポイント
  • 単年作物(ほうれん草など)では2年以上、永年作物(たまねぎなど)では3年以上、
    禁止農薬や化学肥料を使用せずに栽培している野菜であること
  • 圃場(畑、菜園)や施設・用具などに農薬や化学肥料の飛散・混入がないこと
  • 遺伝子組み換え技術を使用していないこと
  • 害虫防除の際に農薬に頼らないこと
この有機野菜と同じ範疇に「オーガニック野菜」も含まれます。
では、なぜ有機野菜や、オーガニック野菜が体にいいと言われているのでしょうか。

有機野菜はなぜ「体にいい」のか

農薬の使用量が少ないことを保証されているという点が挙げられます。野菜を育てる土壌を本来の自然に近い姿へ戻し、周囲の環境も含めた自然循環機能を高めるのが有機・オーガニック栽培の特徴です。

画像7

また、有機野菜、オーガニック野菜に関する消費者意識を調査した統計があります。
2012(平成24)年にNPO法人日本有機農業研究会が行った
「有機農業への消費者の理解増進調査報告」
によると、有機(オーガニック)に対する一般のイメージとして、1位が「安心安全」、2位が「健康によい」、3位「環境にやさしい」、4位が「おいしい」という順でした。さらに、購入理由については、1位が「安全性が気になったから」、2位が「おいしいから」、3位が「自分や家族の健康のため」という順になっています。
「安心・安全」「健康」といった理由で有機野菜・オーガニック野菜を購入されている消費者が多いことが分かりますが、一方で購入した理由の3位「おいしい」という点については、個人差があります。

有機野菜、オーガニック野菜とおいしさを裏付ける科学的な根拠は賛否両論ありますが、もともと野菜に多く含まれている抗酸化物質は、体内で発生する活性酸素を減らす働きがあるため、野菜を摂取することは生活習慣病をはじめとする病気予防にもつながります。
そのため、「体の欲するもの」=「美味しく感じるもの」といった理由や、安心・安全という観点からもより口に運びやすいこともあって、おいしいという高評価につながっていると考えられます。

画像8

実際、有機野菜、オーガニック野菜の栄養価に関するこんな調査があります。
アメリカのオーガニック機関オーガニックセンターと元農務省研究者のチャールズ・ベンブロック博士が共同で2009(平成21)年1月にオーガニック野菜に関する栄養価に関する調査を発表しました。それによると、236品目のオーガニック食品についてビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・カリウム・リン・ポリフェノール・抗酸化作用のある栄養素などの含有量が、非有機のものに比べて61%ほど栄養が上優っているという検査結果が報告されています。

さらに、2014(平成26)年7月には、前出のチャールズ・ベンブルック教授とイギリスの研究者らが共同で「有機栽培の野菜は農薬を使う野菜に比べ、いくつかの点で栄養的に優れている」という研究結果を英国科学雑誌『ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・ニュートリション(BJN)』に発表しました。

画像9

一方では、まったく別の検査結果も報告されています。
2009(平成21)年7月、英国食品基準庁(FSA)が「慣行栽培による食品と比較し、オーガニック食品の栄養学的優位性は認められず、健康影響についてもとくに良い影響があるとは言えない」という発表をしました。
イギリスでは「オーガニック食品は栄養面で優れている」という食品表示は禁止になっています。
他にも2012年9月、アメリカ スタンフォード大学保健政策センターの医師らによる研究でも、慣行栽培の食品とオーガニック食品を比べて栄養価に関して差は見られなかったという報告がされています。
このように有機野菜・オーガニック野菜の栄養価に関する科学的根拠については賛否両論あります。しかし、世界的に見てオーガニック関連の需要は食品だけではなく、コスメや衣料など多岐にわたって関心が高まっていることは事実です。世界の中でもアメリカがオーガニック市場を牽引しています。

画像10

アメリカで「オーガニック」が流行った理由と背景

アメリカでは農地が広大なため、農薬に強い遺伝子組み換えの作物を植え、除草剤などの農薬を飛行機で散布したりなど、安全性に疑問が残る農法が主となっていました。また、そういった栽培方法の作物であるという表記の義務・規制も緩いため、安心・安全性が疑われ、昨今のオーガニックブームに繋がっています。

アメリカの「オーガニック・トレード協会(OTA)」は、国内のオーガニック市場が2015(平成27)年に433億ドルに達したことを発表しました。他にも「オーガニック食品を好む消費者は食べることだけでなく、自身のライフスタイルにもオーガニック製品を取り入れている」と発表しています。アメリカでここまでオーガニック市場が急成長した背景には、大手スーパーマーケットやディスカウンターなどがオーガニック商品の取り扱いを増やしたことが大きいようです。しかし、オーガニック市場が拡大するなかで、製品供給が安定していないことや、オーガニックに対する消費者への啓蒙についても課題が残っていると指摘しています。

画像11

日本と同様、アメリカにもオーガニックに関する基準があり、この認証を行うのは、米国農務省(USDA)の機関「NOP(National Organic Program)」が定めたオーガニック認証です。

NOPではオーガニックについて、「認可された手法で生産された食品、又はその他農業製品のことを指す表示用の用語である。その手法は、資源の循環を育み、生態系のバランスを整え、生物多様性を保護することが可能な、文化・生物・機械を使用して行う農法を取り入れたものである。合成肥料や下水汚泥、放射線照射、遺伝子操作は使用してはならない」と定めています。アメリカのオーガニックの基準はとても厳しく、以下をクリアする必要があります。
アメリカのオーガニックの基準
  • 無農薬で3年以上栽培された土壌から収穫された食物である
  • 遺伝子組み換え(GM)がされていない
  • 土、水も厳格な基準をクリアしている
  • 家畜は有機食品を食べている
  • 納屋の外へ自然環境へのアクセスがある
  • 成長ホルモンや抗生物質不使用である
  • 薬品を使う農家とは定められた距離を置く
これらに加え、USDAオーガニックと認証されるためには、「栽培地で3年以上農薬を使用していない」「オーガニック栽培を計画する証明資料及びオーガニック製品を提出し、政府の承認を得た検査官による現地査察」という条件が課され、認証後も査察が毎年行われます。

表示方法については、食品内の有機成分の含有量に応じて、
  • 無農薬で3年以上栽培された土壌から収穫された食物である
  • 遺伝子組み換え(GM)がされていない
  • 土、水も厳格な基準をクリアしている
  • 家畜は有機食品を食べている
と、4種類に区分しています。

無機栽培とは無農薬ではない!無機質肥料を使用した栽培方法のこと

画像12

無機栽培とは?使用する肥料・成分

無機栽培とは無機質肥料を使用した栽培のことで、主に慣行栽培を指します。無機栽培と言ってしまうとわかりにくいですが、広く一般的に行われている栽培方法のことです。無機質の成分からできている硫酸アンモニウム・過リン酸石灰・塩化カリウムなどの化学肥料と草木灰などを使用していますので、無農薬ではありません。化学肥料、農薬を使い、病害虫の防除を行う栽培のことで、世界中で広く行われているのがこの栽培方法になります。

無機栽培のメリット・デメリット

農家さんにとって無機栽培のメリットは「効率的に農作物を育てられること」です。無機質肥料が水に溶けやすい性質なので、植物に必要な3大栄養素を十分に与えられ、植物を早く育てたい場合には有効的な栽培方法です。また、悪臭や害虫発生、ガス発生の被害などもないので、気軽に利用できます。
化学肥料はほかの肥料と比べても安く、有機質肥料よりもコストパフォーマンスに優れているため、無機肥料を使っている農家さんは多くいらっしゃいます。

画像13

無機肥料のデメリットは、定期的に肥料を追加(追肥)しなければならないことです。水に溶けやすい性質をもっている分、逆に、肥料が流れていってしまう可能性があります。そのため、定期的に肥料を追加(追肥)しなければ栄養が補充できません。また、無機肥料にはほとんど有機物が含まれていないため、土壌障害になる可能性が高いのです。
長期間にわたって無機肥料を使い続けると、土の環境が悪くなり、土自体が痩せてしまう危険性があります。

無農薬栽培(無農薬農産物)・減農薬栽培の基準とは

画像14

無農薬農産物(無農薬栽培)とは

無農薬栽培とは2007(平成19)年以前までは「栽培期間中農薬を使用していない」という認識でしたが、現在では「無農薬」という名称は一切使用できなくなりました。加えて、「減農薬」「無化学肥料」「減化学肥料」という表示もできません。これは2007(平成19)年に改正された「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」のなかで禁止されています。
そのため、一般の方がイメージされている無農薬栽培とは、「無農薬無肥料栽培」、「自然農法」といった農薬・化学肥料を一切使っていないものになると思いますが、実はこの認識は間違いです。

「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」が制定された経緯

農薬や化学肥料を節減した特別な栽培方法よる農産物の生産と表示のルールを定め、農産物の表示の適正化を図るため、1992(平成4)年10月に「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」が制定されました。
しかし、改正前(2007年以前)のガイドラインで使用された「無農薬」の表示が、生産者からすれば「生産過程等において農薬を使用しない栽培方法により生産された農産物」を指す表示でしたが、この表示から消費者が受け取るイメージは「一切の残留農薬を含まない農産物」と受け取られ、あたかも優れているという誤認を招きました。
さらに「無農薬」の表示は国際基準に準拠した厳しい基準をクリアした「有機」の表示よりも優良であると誤認している消費者が実に6割以上(平成15年総務省「食品表示に関する行政評価・監視結果に基づく勧告」内、「食品表示に関するアンケート調査」より)も存在していたのです。

画像15

「減農薬」の表示についても、削減の比較対象となる基準や削減割合が不明確であり、農薬の使用回数なのか、それとも残留量なのか、なにが削減されたのか不明確で、消費者にとってわかりにくい表示でした。
このような指摘を踏まえてガイドラインが改正され、「無農薬」「減農薬」「無化学肥料」「減化学肥料」は表示禁止事項とされ、使用できなくなったのです。

農薬を使用していない農産物には「農薬:栽培期間中不使用」、節減対象農薬を使用していない農産物については「節減対象農薬:栽培期間中不使用」と表示し、節減対象農薬を節減した農産物は「節減対象農薬:当地比○割減」あるいは「節減対象農薬:○○地域比○割減」と節減割合を表示するように規定されました。
それにより、無農薬栽培と呼ばれていた農産物についてはすべて「特別栽培農産物」という名称に変わり、化学合成農薬や化学肥料の窒素成分を慣行栽培の5割以上削減して生産した農産物という定義がされました。

画像16

体にも環境にも良い野菜や農産物とは

実際に消費者が野菜を購入する際の決め手として「安全・安心」を第一に考えているということは、先述した総務省のアンケート調査などからも見て取れます。また「健康によい」だけでなく、「環境にやさしい」さらに「おいしい」も消費者のニーズとしてあり、購入の決め手になっています。この安心安全を担保するものが、最近スーパーマーケットなどでもよく見かける「生産者の顔が見える農作物」ではないでしょうか。

画像17

実際、生産者の名前と顔、産地等が表示されている農産物が売られています。生産者の顔と名前がわかるということは、消費者の安心感が増すだけでなく、生産者もそれだけ責任をもって良い商品を販売するというモチベーションにもつながっているのです。しかし、自然の力を最大限活用し、化学合成農薬および化学肥料に頼らない農業を実践することは並大抵のことではありません。近年は、日照りや水災害など天候不良が続いています。
そうした「消費者には見えない部分での努力をしている、誠実な農家さんを支援したい」そういう思いから購入されている方も多くいらっしゃるでしょう。

生産者と消費者をつなぐ販売者の役割

今までもそうでしたが、これからはもっと農家さんと消費者をつなぐ販売者の役割がとても重要になってきます。
例えば、詳細な栽培情報を管理し、わかりやすい形で一般に情報公開するために、販売者には以下のような責任があります。
販売者の責任
  • 生産者からきちんと情報を取得できているか。
  • すべての農作物に関して自社の基準を満たしているか。
  • 栽培期間中は、現地確認して厳重なチェックが行われているのか。
  • また生産者から農薬・化学肥料の使用日、農薬名、成分名、散布量、使用目的や農薬、化学肥料を減らす工夫の記録、登録農薬のチェック 、発ガン性、慢性毒性の無いことのチェックなど 詳細な情報を収集できているのか。
  • こうした管理の徹底、仕組みとして整備がなされているのか。
当然、国内のものだけではなく輸入されている農薬・化学肥料もあります。そうした輸入品についても「遺伝子組み換えが行われた農作物はないか」「ポストハーベスト農薬は使用されていないか」など厳しくチェックする体制が必要です。