食材宅配サービスのことなら

食宅コラム 食宅コラム

無添加食品とは?種類と表示、メリット・デメリットについて

健康食材への関心が高まり、スーパーでも「無添加」と表示された食品が増えてきました。
「無添加」といっても、一部の原料が無添加であったり、表示が省略されていたり、いろんなタイプの無添加があります。

そこで、「無添加食品とは何なのか?」「なぜ添加物が嫌われるのか?」など、さまざまな視点から見た「無添加食品」にまつわる疑問にお応えします。

無添加食品とは? 無添加食品の種類と表示について

「無添加」と聞けば、添加物が入っていないと思われますが、まったくの無添加とは限りません。
「無添加」は種類によって、内容も表示方法も異なります。

一部無添加、原材料は省略している場合、完全無添加の場合がある

添加物には大きく分けて、次の3つの種類があります。

一部無添加
食品の一部だけ無添加、それ以外は添加物を使用している可能性がある

原材料の添加物表記省略
原材料に添加物を使用しても、栄養強化剤、加工助剤、キャリーオーバーは表示が免除されている

完全無添加
食品添加物を一切使っていない

1)「一部無添加」は、食品の一部以外は添加物が入っている!?

「○○無添加」と表示されている場合、○○だけが無添加であって、それ以外は添加物が入っている可能性があるといった解釈になります。
例えば、「砂糖、食塩無添加」と表示の場合、砂糖と食塩だけが無添加であって、他に添加物が入っている可能性もあるということです。

2)「原材料の添加物表記省略」は、栄養強化剤、加工助剤、キャリーオーバーなら可能

「添加物の表示の例外」として食品衛生法で以下のルールが決められています。

“最終食品に残存していない食品添加物や、残存してもその量が少ないため最終食品に効果を発揮せず、期待もされていない食品添加物については、表示が免除される。”
引用元:食品添加物表示について 添加物表示の例外 消費者庁

要するに、食品を作る過程で添加物を使っても、原材料に使っていなければ添加物の省略ができ、表示しなくてよいのです。
表示の省略ができる添加物として、栄養強化剤、加工助剤、キャリーオーバーの3パターンがあります。

栄養強化剤
栄養素を強化するもの(例:ビタミンA、乳酸カルシウム)

加工助剤
食品の加工の際に添加される物であって、表示を省略できる場合

①該食品の完成前に除去されるもの
②該食品の原材料に起因してその食品中に通常含まれる成分と同じ成分に変えられ、かつ、その成分の量が明らかに増加させるものではないもの又は
③当該食品中に含まれる量が少なく、かつ、その成分による影響を当該食品に及ぼさないもの。
(例:次亜塩素酸を食品の殺菌剤として使用した場合)

キャリーオーバー
食品の原材料の製造又は加工の過程において使用され、かつ、当該食品の製造又は加工の過程において使用されない物であって、当該食品中には当該物が効果を発揮することができる量より少ない量しか含まれていないもの。
(例:せんべいに使用される醤油に含まれる保存料)

引用元:食品添加物表示について 添加物表示の例外② 表示を省略できる場合 消費者庁

3)「完全無添加」は保存料も入っていない

添加物をまったく使っていない物が「完全無添加」です。
つまり、食品に保存料も一切入っていません。

最近は水分活性の調節、酢、窒素ガス、脱酸素剤、アルコールなどの活用で、完全無添加にこだわって食品作りをしている業者もあります。

これは健康志向の高まりに加え、家庭の冷蔵庫も機能性が向上し、冷蔵、冷凍保存をしやすくなったことも背景にあるようです。

食品添加物は厚生労働大臣が指定した指定添加物と天然添加物に大別

食品衛生法における食品添加物の定義を厚生労働省の概要では、次のように記されています。

“食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものです。”
引用元:食品添加物 概要 厚生労働省

ただし、食品添加物として使用できる物は、「指定添加物」「天然添加物」に大別されます。

指定添加物・・・食品安全委員会から安全性の評価を受け、厚生労働大臣が指定した物

天然添加物・・・既存添加物、天然香料、一般飲食物添加物の3種類(※の説明参照)


既存添加物・・・クチナシ、柿タンニンなど国が認めた添加物の中でも、長いこと使用された実績がある物
一般食品物添加物・・・イチゴジュース、寒天など一般に飲食に供される物
天然香料・・・バニラ香料やカニ香料など、動植物から得られる天然の物質で、食品の香りづけに使われる物
情報参照元:食品添加物 よくある質問(消費者向け) 厚生労働省

食品添加物の安全性については厚生労働省が食品安全委員会による評価を受け、人の健康を損なう恐れのない場合に限り、成分の規格や使用の基準を定めたうえで、使用を認めた物とされています。

食品添加物の種類と表示義務
食品に使用した添加物は原則的に表示義務があります。
表示方法は物質名で記載され、保存料や甘味料などの用途で使用した物は、用途についての表記もしなくてはなりません。

ただし、いくつかの例外があります。まず、イーストフード、ガムベース、かんすい、香料、光沢剤、調味料、酸味料などの添加物は「一括名の表示」が可能です。例えば、かんすいの添加物として、炭酸ナトリウムが使用されても、かんすいの表示のみでOKなのです。

甘味料、保存料、着色料、酸化防止剤などの添加物は「併記」が可能。例えば、着色料(カロテン、カラメル)といったように表示されます。
食品に残存しない栄養強化剤、加工助剤、キャリーオーバーは「表示の省略」が可能なため、表示する必要がありません。

食品添加物として現在、国が認めている物は、ゆうに1500品目はあります。そこで添加物の種類別に代表的な物を表にまとめました、
添加物の種類 目的・添加物例 添加物の種類 添加物例
イーストフード パンのイースト発酵を活性化(リン酸カルシウム、塩化アンモニウム) 豆腐用凝固剤 豆乳を固めて豆腐を作る(塩化カルシウム、硫酸カルシウム)
ガムベース チューインガムの基材(エステルガム、チクル) 甘味料 甘味を与える(キシリトール、アスパルテーム)
かんすい 中華麺の色合い、風味、食感を付ける(炭酸ナトリウム) 乳化剤 水と油を均一に混ぜる(グリセリン脂肪酸エステル、サポニン)
酵素 食品の製造、加工(βアミラーゼ、パパイン、プロテアーゼ) pH調整剤 食品のpHをよくし品質を向上(乳酸ナトリウム)
光沢剤 食品に光沢を与える(ミツロウ、パラフィンワックス) 膨張剤 焼き菓子などをふっくらとさせる(炭酸水素ナトリウム)
香料 香り付け(オレンジ香料、バニリン) 軟化剤 チューインガムを軟らかくする(グリセリン)
調味料 旨味を与える(L-グルタミン酸ナトリウム、DL-アラニン) 着色料 食品の色の調整(カロテノイド色素、カラメル色素)
保存料 保存性を高める(ソルビン酸、安息香酸) 酸化防止剤 食品の酸化防止(L-アスコルビン酸、カテキン)
増粘剤
安定剤
ゲル剤
糊剤
食品の分離防止や粘り、滑らかさを与える(ペクチン、カラギナン、
グァーガム)
発色剤 ハム、ソーセージ、チーズなどの色合いをよくする(亜硝酸ナトリウム、硝酸カリウム)
酸味料 酸味を与える(クエン酸、L-流石酸、乳酸) 漂白剤 食品を白くする(亜塩酸ナトリウム、亜硫酸ナトリウム)
防かび剤 かびの防止(イマザリル、フルジオキソニル) 栄養強化剤 栄養成分の強化(L-アスコルビン酸、亜塩酸類)
苦味料 ビール、コーヒーなどに苦味を与える(カフェイン、ナリンジン) その他 食品の製造、加工(水酸ナトリウム、活性炭)
情報参照元:用途別 主な食品添加物 食品衛生の窓 東京都福祉保健局
これだけ多岐にわたる食品添加物の品目、品名を覚えることは大変なことです。
しかも、食品添加物の表示は、一般の消費者にとって実にわかりにくい部分があります。

例えば、スナック菓子の袋によく見られる、調味料(アミノ酸等) といった表示は「化学調味料」のこと。
「アミノ酸等」という表示は、アミノ酸であるグルタミン酸ナトリウムの他に、核酸、有機酸を含んでいるグルタミン酸ナトリウムがメインであるという意味です。

しかし、これでは他にどんな添加物が入っているのか、消費者は知る由もありません。

さらに、食品添加物の中に一括表示できる物、省略できる物もあるとなれば、何が添加物として入っているのか不明瞭です。
こうなると食品添加物の表示に関して、メーカーや販売者のモラルも問われるようになり、消費者も信頼できる業者を選ばざるを得なくなります。

食品添加物のメリット・デメリット

食品添加物のメリットは見た目から保存、味付けまでさまざま

食品添加物には1500以上に及ぶ品目があります。

これだけ膨大な添加物が存在する裏には、それぞれの役割があるからです。
食品添加物のメリットとして以下の7つが上げられます。

1 保存性を向上させる
2 おいしく見せる
3 食感をよくする
4 味つけをよくする
5 香りをよくする
6 栄養成分を補う
7 加工しやすくする

デメリットは一部健康への影響の懸念

食品添加物に関する世間一般の評価としては、メリットよりも、デメリットの方が強調されがちです。

そこには「体によくないもの」といった健康への影響が懸念されるからです。

食品添加物の中には食品を製造する側、企業にとってのメリットの方が大きい物もあり、例えばハム、ウィンナー、ベーコンなどに添加されている「発色剤」や、お菓子などに使われる「着色料」。
また、保存期間を長くするために市販のお弁当などに添加されている「保存料」。

ラットを使った実験などでは、こうした物質の中に、発がん性やアレルギー要因になる可能性の高い物質が含まれていることも指摘されています。

病気と食品添加物の因果関係を立証するのは難しいものの、添加物まみれの現代人にアレルギー、生活習慣病、がんが増えていることを考えると、極力、添加物の多い食品は控えた方がよいと思われます。

ただし日常生活において、食品添加物の恩恵を受けている部分もあります。

「完全無添加」はありがたい商品に感じますが、食品添加物なしでは、かえって危険なことも。
完全無添加ばかりの食品が店に並んだら、あちこちで食中毒が発生してしまいます。

食品添加物の中には、かびや細菌を防止する防かび剤や、食品が腐らせないようにする保存料など、食品衛生上、どうしても必要とされる物もあります。

「完全無添加だから良い」「添加物だから悪」と決めつけることはできません。

食品添加物が使われた背景

食品添加物の歴史は紀元前。

紀元前6000年の古代エジプトでは、食品の保存に岩塩を使っていたようですが、日本で食品衛生法が制定され、食品添加物が指定されたのは1947年のこと。
当初の食品添加物の指定数は60品目でした。

その後、1955年に缶入りの粉ミルクの製造過程で、安定剤として使われた物質にヒ素が含まれていたことが原因で、1万3000人もの乳児に神経障害や臓器障害などの中毒症状が現れ、130人の死者を出す大事件が起きました。

これを機に食品衛生法が見直され、国が指定した添加物以外、化学合成された物は使用できなくなりました。

しかし、この見直しが食品添加物の数を急増させることになります。
中にはチクロやフリルフラマイドのように、発がん性物質が見つかり指定を取り消された物もありました。

食生活が豊かになるにつれ、食品添加物の種類も目的も多岐にわたり、食品添加物の物質名を表示するよう義務付けられます。
現在、日本が食品添加物として使用を認可している品目は1500以上に及びますが、日本と海外の基準は統一されていません。

そのため日本で認められていない添加物が、輸入食品から検出されることもあります。

もちろん検査で不適格となった場合は輸入禁止ですが、すべての輸入品に検査が実施されているわけではありません。

食品添加物の数が増えていく一方で、食の安全、健康面での影響を増々、問われるようになってきました。
情報元:食品添加物 Wikipeia